中国武術意拳 宗勲武館日本京都分館 オフィシャルホームページ
道場案内
長崎道場
 長崎道場では下記の三地区で活動しています。現在、会員を募集していますので、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ先までご連絡ください。

練習場所 練習日時
クラス 責任者 お問い合わせ先
@平和公園(坂本町道上公民館近く)

A池田湖公園(長崎県大村市)

B市民運動広場(佐賀市兵庫町)
別途お問い合わせください。
養生/技撃 介田 圭
kyushu@yiquan.jp

※スパム防止のため@を全角にしています。半角になおしてお使いください。
お問い合わせいただく場合は、氏名・連絡先をご明記ください。ご記入いただきました個人情報は、返信する以外に使用いたしません。


長崎道場代表のご紹介
 介田 圭

 1994年より姿勢と健康についての研究を大学にて開始し、太極拳及び気功を学び始めるなか、整体、カイロプラクティック、オステオパシー、その他徒手療法等、様々な専門学校、研修機関にて研鑽を積み、健康法として「站椿」があらゆる面で優れているという考えに至り、1999年より中国拳法の修行を開始。
 また、2000年より 訪中を行い、姚承光老師の指導をうける機会に恵まれる。
 現在は、大学生体情報科学講座にて東洋医学の研究に従事。東洋医学系学術雑誌編集委員。理学療法士専門学校講師。
姚承光老師指導風景
姚承光老師指導風景 北京宗勲武館にて


入会にあたって
 まず姿勢が大切です。意拳に於いても、健康に於いても望ましい姿勢を基本練習を通して身に付けます。そして無駄な力を抜く事を覚えます。力むとうまく動けません。筋力だけに頼らず普段意識していない身体の部分も最大限に使えるよう稽古を行います。

 当館では、協調性をもって互いに上達できるよう心がけています。人それぞれ体格や力は違いますし性格や感性も違います。仲間と向い合い真剣に稽古に取り組む事により、自分に足りないものに気付いたり、うまく出来なければなぜ出来ないのか問題点を一緒に考える・・・普段の生活に於いてもそうですが、「気が付く」、「気が利く」、「気を配る」というのは 意拳を学ぶ上でも重要 だと考えています。身体の使い方だけでなく、心や意識の部分にも触れながら練習に取り組みます。

 個人のレベルに応じて初心者から上級者、女性、壮年の方まで安全に無理なく練習することができます。

意拳の歴史
健康を求める方へ気功について
Copyrights ©2008-2013 Beijing Zongxun Wuguan Japan Kyoto.All Rights Reserved